2014年06月26日

糖尿病を食事療法で完治へ導きます!簡単レシピで糖尿病改善!

血糖値を下げる方法
下記に当てはまりませんか?

もしそうなら、あなたは間違った治療を続けていることになります。

あなたが
「血糖値を簡単に下げたい」
「きつい食事制限や運動が長続きしない」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、はやる気持ちを抑えて、まずはこの方法で糖尿病を克服した方の声をお聞き下さい。
治験例
薬では治りません

糖尿病の薬にはいろいろなタイプのものがあります。

インスリンの分泌を促進したり、糖の生産を抑えたり、糖の吸収を遅らせたりなどなど。

これらは基本的にはすべて「血糖値を下げるための薬」です。

しかし多くの患者さんが誤解してしまっているのですが、
これらはあくまで「血糖値を下げるだけの薬」であって
「糖尿病を治癒する薬」ではありません。

つまり、いくら薬を飲んでも糖尿病は良くなっていかないのです。

残念ながら、糖尿病を根本から治癒する薬は、現在ありません。

ただ薬の効果で一時的に血糖値が下っているだけなのです。

事実、医学が進歩して糖尿病治療に様々な薬や治療法が開発されても、
糖尿病患者は一向に減っていません。推移

厚労省の調査によれば、平成9年に1370万人だった糖尿病患者と予備軍の数は、平成18年には1870万人になってしまいました。

患者数が減らないどころか、10年もしないうちに500万人も増えてしまっているのです。

これだけいろいろな新薬や治療法が開発されてきたのに、患者数は減るどころか増えているのです。

つまり、いくら薬やインスリン注射で治療を行っても、
見せ掛けの血糖値が下がるだけで糖尿病は決して治らないのです。


この現実を聞いて、あなたは何かがおかしい、と思いませんか? 


ところで、糖尿病を病院で治療する場合、いうまでも無く治療費は高額になります。

その進行具合や症例によっても違いますが、
生涯の治療費がいったいいくらぐらいになるかご存知ですか?

12/11の産経新聞によると、なんと874万円にもなるのです。

さらに、もしあなたが糖尿病であると診断されたにもかかわらず
何の治療もしなかった場合、生涯でどれだけの医療費が必要になると思われますか?

その額なんと5044万円です。

糖尿病治療の医療費

このように、健康という面からだけでなく、
金銭面においても糖尿病というのはできるだけ早く治療しなければならないのです。

私が普段この糖尿病克服法を直接教える場合は、
3日間で47,000円の費用をいただいています。

決して安くは無い金額ですが、
「糖尿病が治る」と口コミで話題になり
毎回会場がいっぱいになるほど多くの方が参加されます。

糖尿病を本気で治したいと思っている方からすると、
800万~5000万と言われる膨大な糖尿病治療費に比べれば
決して無駄な投資ではないのかもしれません。

そのような方たちと30年間、実践、実験を繰り返し、
試行錯誤の末にたどりついたのがこのDVDなのです。

自宅で手軽に同じ効果を得ることができるように
これまで蓄積してきたノウハウを出し惜しみせず盛り込んだ内容です。


その「3日間で血糖値を下げる糖尿病克服法」ですが、
「血糖値は簡単に下がっていく」ということを知ってもらうために制作したものです。

一人でも多くの方に「自分自身で糖尿病は改善できる」 ということを
お伝えしたい気持ちもあります。

もし、今すぐ血糖値を正常に戻したい!と本気でお考えならお急ぎください。

3日で血糖値を下げる
今すぐ血糖値を下げる


posted by まさ at 18:27| Comment(0) | 糖尿病のレシピ | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

運動療法の基本

体の細胞が活動するためのエネルギーとして、ブドウ糖を利用しています。

運動時動かす筋肉もそのエネルギー源としてブドウ糖を必要としています。

運動する、ということは脳から全身の筋肉に対して指令が出されることですので、全部が連動して活動するため、効率よく血糖消費をすることが出来ます。

糖尿病に運動療法が取り入れられているのはこうした理由があるのです。

また、大量ににブドウ糖を消費するためには、出来るだけ全身の筋肉を使って動作をゆっくり長時間、かつ大きくやることが最も重要になってきます。

ところで糖分=カロリーというイメージがありませんか?

カロリーとは熱量をあらわす単位のことです。

つまり、ブドウ糖を消費するということは体内で熱による化学反応が起こっている状態ということになります。

物を良く燃やすために必要な物質があるのを小学校の理科の時間に習ったことを覚えていますか?

その物質とは酸素の事です。

上記のことから効率よく血糖を消費するには呼吸を止め、高い負荷をかけて行う無酸素運動より、呼吸を続けながら軽い負荷をかけて長時間行うウォーキングやストレッチなどの有酸素運動の方が効果的だと言うことが分かります。

ウォーキングやストレッチは特別な道具も必要ありませんし、気軽に始めることが出来ますので、糖尿病の予防のために明日からでもすぐに始めてみてはいかがでしょうか?

運動前後に行うウォーミングアップとクールダウンも効果的な有酸素運動といえます。

同時に深呼吸を行うと更に効果的ですのでぜひ取り入れて下さい。

メインの運動の前後に行うのに最適なウォームアップとクールダウンの運動を紹介します。

それはラジオ体操第一です。

適度に全身の筋肉を使ってゆっくり時間をかけて行う動作で、子供からお年寄りまで無理なく出来る運動です。

是非日課としてください。

posted by まさ at 10:06| Comment(0) | 糖尿病 | 更新情報をチェックする

食事療法の基本

食事療法は糖尿病の患者さん、あるいはその予備軍の人達全てにとって基本となる治療法です。

将来的にインスリンをコントロールする経口薬や、自己注射などの治療を行うとしてもこの食事療法がちゃんと出来ているというのが前提となりますので、食事療法は正しく理解してちゃんと行うようにしましょう。


それでは具体的な食事療法に関する心得を説明していきます。

まずは基本中の基本、栄養のバランスを考えて腹八分目の食事をする。

これは特に糖尿病に限定したことではなく、健常者もこう心がけるのが健康の秘訣ですね。

次に良く噛んで食べること。早食いは糖尿病にとって決して良いことではありません。

まずは良く噛んで食物を細かくすり潰し、唾液に含まれる消化酵素で、ある程度まで分解した後に飲み込むことで、胃や腸への負担が軽くなり消化吸収されやすくなります。

また3食きちんと食べること、これも重要です。

特に朝食を抜いてしまうと、一日の始まりに必要なエネルギーの摂取チャンスを逃してしまい、身体は出来るだけエネルギーを消費しないようにと節約モードになり、その結果代謝が落ち、血糖値の下がり具合が悪くなってしまいます。

朝はしっかり、夜は軽めに、これも糖尿病の予防と改善には効果的なのです。

ここまでが食事療法の基本中の基本です。

自分の食生活を見直してみて改善の余地がある人は、まずそこを改善してみましょう。

次にここからが糖尿病の食事療法の基本となります。

これまでにも再三説明している通り、糖尿病はインスリン量が不足して血糖値が高い値を示す病気です。

したがって食事では糖質を制限するようにして、出来るだけ血糖値の上昇を抑えることが重要となります。

血糖値を上げる糖質の主な食材は糖分と炭水化物です。

お米や小麦は主食として食べられる食材ですが、これらの量を少なくして、その分タンパク質の量を増やすことで、血糖値をコントロールすることが可能です。

ただし、糖質は生きていく上で欠かせない栄養素ですので、炭水化物や糖分を制限し過ぎるのはタブーです。

医師の指導の下、必要な栄養素を含んだ食事を守ることが食事療法では非常に大切になります。


posted by まさ at 09:58| Comment(0) | 糖尿病 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。